2009年07月31日

社員の身だしなみはどこまで規制できるか?

nigaoe.jpg こんにちは。富山事務所の蓑輪です。

 

 本日は「社員の身だしなみはどこまで規制できるか?」と題して、社員の身だしなみと就業規則の関係について考えてみたいと思います。

  

 最近の若い人は、性別に関係なく、茶髪やピアスは当たり前、ときにはタトゥー(刺青)を入れたりすることもファッションとして楽しんでいます。まぁ、個人的なファッションとして楽しむのなら、何をやっていても自由かもしれません。しかし、会社に勤める組織人としては、自由すぎる格好が問題になることもあります。

  

 我々も経営者の皆様から、「社員の茶髪を規制したい!!」とか、「ピアスをしている若いやつをクビにしたい」という相談をお受けすることがあります。

  

 確かに、個性的な格好をする社員が多いと、企業イメージを損ねてしまうのではないかと心配する経営者の気持ちは痛いほど分かります。私個人の感覚で言っても、鼻にピアスをつけている社員やタトゥーを入れている社員が営業に来るような会社とはお付き合いしたいとは思いません。

  

 そこで、「社員の身だしなみを就業規則や社内規程で規制できるのか?」が問題になります。

 

 結論から言えば、規制することは可能であると考えます。しかし、その際、次のような観点から見て、やり過ぎ・行き過ぎがないか、常に注意しなければいけません。

 

チェック.gif 御社はどんな業種ですか?

 例えば、美容院の場合、カッコよく茶髪にしている美容師さんがいることは必ずしもマイナスにはならないでしょう。だから、規制をすることで業績がダウンしてしまう恐れもあります。逆に、高校の職員が茶髪にすることは生徒指導を行う上で、問題になります。よって、強い規制が必要になります。このように、社員の身だしなみを規制する際は、自社の業種に即して、やり方を考えなければいけません

 

チェック.gif 規制の対象になる社員の職種は?

 会社の顔となる営業マンなどは、厳しい規制の対象になってしかるべきかもしれませんが、工場の作業担当者や長距離トラックの運転手などに対しては、営業マンほど厳しい規制はかけられないかもしれません。職種によって規制の程度を調整していく必要があると思います。

 

チェック.gif 服務規律に違反した社員への処分は可能か?

 これもケースバイケースです。例えば、派手な格好をする営業マンに顧客からの苦情が殺到し、その結果、売上も減ってしまった場合は、懲戒処分に処することも可能でしょう。ただ、一方で、トラックの運転手を、茶髪を理由に解雇した会社に対し、「取引先からの苦情もなく、会社の営業にも悪影響がなかった」として、当該解雇が無効になったという判例もあります(東谷山家事件 福岡地裁判)。このように、社内規制の違反者に対する処分の程度は、対象者の職種や顧客からの苦情の有無、それによる業績の悪化などを総合的に考慮して、決定すべきであると言えます。

 

 このように見てくると、「個人のファッションや服装を会社がどこなで規制できるか?」というのは、微妙な問題のように感じます。

  

 しかし、会社としては、企業秩序を維持する義務があります。極度に社内の秩序を乱すような行き過ぎた服装などには、厳しい規制をかけることも可能でしょう。ただし、行き過ぎだけはないようにお気をつけください